脱毛におすすめな「脱毛のこと」をイロイロな視点から私なりに徹底調査して記録します

わたしの脱毛研究ブログ

子供に永久脱毛なんて必要ない、という反対派を説得するためのまとめ記事。

投稿日:2016年3月2日 更新日:

「子供に永久脱毛をしたくて」と聞くと、確かに「まだ成長期なのに体によくない」とか「大人でもしたくてもできない人がいるのに贅沢だ」とかいう考えから、そんなの非常識だと考えている大人が大半です。

確かに私も「非常識」とまでは思わなくても「そこまでする必要ある?」くらいには思っていた方で、それって親が子供に必要以上にお金かけすぎなんじゃない?と思っていました。

 

子供に永久脱毛をさせたいと思うのは、たいていがお母さんだと思いますが、わりと高いお金がかかること、また大切な子供の体に何らかの施術をするということで、お母さんひとりの意見ではどうにもならない場合がありますよね。

お父さんを説得させなきゃいけない、祖父母を説得させなきゃいけない。

そんな「誰かを説得させたい」環境にある人のための、「子供の永久脱毛反対派」を説得するための方法を私なりにまとめてみました。

 

世の大人たちが子供の永久脱毛を反対する理由

文頭でも書きましたが、たいていの大人が子供に永久脱毛をさせることについて批判的であり、必要ないと思っています。

理由としては大きくわけて2つあり、「まだ成長期なのに体によくない」と考える子供の健康が心配派と、「大人でもしたくてもできない人がいるのに贅沢だ」と考えるうらやましい派に分かれます。

この両者はどちらも反対という意味では同じですが、根本的な理由が全く異なるので、説得をする時には別の方法をとる必要があります。

 

子供の健康が心配派を説得するには

子供の健康をしてくれている人には、子供に悪影響のない永久脱毛がある事を説明します。

お父さんやおじいちゃん、おばあちゃんなど、脱毛自体に関心がない人は永久脱毛についての知識がほとんどないと思います。

確かに永久脱毛には強い痛みを伴うものもあり、また火傷を負うリスクのあるものもあります。

そういったものは私も、そして永久脱毛をさせたいと考えているお母さんも反対ですよね。

 

でも今は痛みもなく、火傷のリスクもない永久脱毛があるのです。

それをとことん説明して説得しましょう!

以下に説明の要点などもふまえ、まとめてみましたので説得する際の参考にしてください。

 

Q 永久脱毛なんて痛いんじゃないの?

A 永久脱毛には3種類の方法があり、確かにその中には大人でも耐えがたい痛みを伴うものもあります。
でもディオーネというお店が開発した脱毛方法は全く痛みがないもので、3歳の子供でも受けられのです。
ただじんわりとした温かみを感じるだけで、その心地よさに眠ってしまう人がたくさんいます。

 

Q 脱毛は、火傷(やけど)する事もあるって聞いたけど…

A 確かに脱毛の施術で、場合によっては火傷をしてしまう事はあります。
ただ、それはレーザー脱毛の光が色素の濃い部分(ほくろやシミ、黒ずみの強い箇所や日焼けした肌)に当たった時のみです。
ディオーネではレーザー脱毛ではなく「ハイパースキン脱毛」という施術をしており、ほくろやシミなどの色素の濃い部分に当たっても火傷をすることはありえません。
ディオーネの脱毛は「肌トラブルのリスクゼロ」の脱毛方法なので、肌が敏感な子供でも安心なのです。

 

うらやましい派を説得するには

子供なのに永久脱毛までする必要ない!そんなの贅沢!なんて言う「うらやましい派」には、子供の深刻な悩みを解消するためだという事を説明しましょう。

人は、他人の悩みに対して「そのくらいの事で…」と考える人もとても多くいます。

自分の価値観だけで物をみてしまう…っていう感じなんですよね。

確かに物を判断する時には、自分の価値観がベースになるのは当然なんですが、ここでは子供にとって毛が濃いことがどれだけ悩みの種になっているのか、そしてそれが解消されることで、子供にとってどれだけの解放感があり、自分らしく生きられるのか、というところまで話してみるとイイと思います。

子供の事を真剣に考えてくれている人ほど、この理由で説得できます。

 

子供の永久脱毛はディオーネ以外ではできないの?

ディオーネ以外にも、子供向けに脱毛をしてくれるサロンはあります。

それがエピレとTBCなのですが、実はこの2つのサロンでは永久脱毛はできません。

 

永久脱毛、というものの定義も、難しく、あまり使えない表現になってきています。

ただ、ここでは「永久脱毛効果のある脱毛ができるところ」「1度施術したら2度と生えてこない脱毛方法」という意味で説明します。

 

エピレのキッズ脱毛は永久脱毛効果はあるのか?

エピレで受けられる脱毛は、あくまで抑毛になります。

サロンやエステなど、医師のいない環境では、毛根を死滅させるほどの(永久にムダ毛が生えなくするほどの)強いレーザーを当てることが禁じられています。

そのため、若干弱いレーザーの光を当てることとなります。

レーザーの光が弱くなると、毛根を死滅させることはできず、弱らせることしかできません。

そのため、1本の毛の毛根から「生えるチカラ」を奪うまでに、何度も何度も光を当てる必要があります。

エピレなどの脱毛サロンや脱毛エステでは、脱毛効果を実感するまでに日数がたくさんかかるのはそのためです。

 

TBCの子供脱毛は永久脱毛効果はあるのか?

実はTBCには永久脱毛効果のある脱毛方法があります。

スーパー脱毛と呼ばれる美容電気脱毛なのですが、1本1本に電気を通すことで毛根を抜いていく方法です。

ただ、これはかなり強い痛みがあり、大人しか受けることができません。

(かりに子供ができたとしても耐えられる痛みではありません…)

TBCでもエピレと同じ脱毛ができ、子供向けに用意されているのはそれになります。

 

永久脱毛ができる医療レーザー脱毛は子供には不向き

医療機関で受けられる医療レーザー脱毛なら、永久脱毛効果はありますが、とても痛み強く子供には不向きです。

また、レーザーの光で火傷をしてしまうリスクもあるのでおすすめできません。

 

ディオーネの子供でも安全な脱毛を体験できる

いろいろと並べてきましたが、とにかくまずは体験してみることですよね。

まわりの説得も大切ですが、子供が実際に体験してみて、どれだけ安全だったかを伝えるのもいいですよね。

子供向けの全身脱毛が1回だけお試し価格で体験できます。

>>ディオーネの子供脱毛を7,560円で体験

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-未分類

Copyright© わたしの脱毛研究ブログ , 2016 AllRights Reserved.