脱毛におすすめな「脱毛のこと」をイロイロな視点から私なりに徹底調査して記録します

わたしの脱毛研究ブログ

hanasita

エステ脱毛で鼻下脱毛してるけど効果ない…これってなぜ?

投稿日:2016年5月3日 更新日:

ミュゼプラチナムなどの脱毛サロンやエステ脱毛で鼻下脱毛をしてるのにイマイチ効果が出ないという人がいます。

これは、鼻下の毛は、女性の場合は産毛~色素の薄い毛にあたり、脱毛効果が出にくい毛になるからなのです。

このページでは、鼻下脱毛をするならエステ脱毛よりも医療レーザーがおすすめで、医療レーザーの中でもダイオードレーザーという脱毛器の種類が使えるところがいいよ、という話をします。

また、どうしてもエステ脱毛がいいという場合には、ミュゼがいいよ、というお話しです。

詳しく説明しているので、最後まで読んでくださいね。

鼻下脱毛をエステ脱毛でしているのに効果がない理由

鼻下の毛は、産毛~色素の薄い毛になります。

ここでいう産毛というのは、パッと見わからないけど光の加減で角度によって見える毛の事をさします。

パッと見て「あ、鼻の下に毛が生えてる」とわかる場合は、産毛ではなく色素の薄い毛です。

この鼻の下の毛のように、産毛や色素の薄い毛は、エステ脱毛が最も苦手とするムダ毛なのです。

エステ脱毛は光脱毛になりますが、この光脱毛というのは黒い色素に反応する仕組みを採用しています。

つまり、産毛や色素の薄い毛には反応しにくい、または反応しないのです。

さらに、医療レーザーが光で毛根を焼き切るのに対し、光脱毛は照射出力が低いので焼き切ることはできず、熱でダメージを与えるくらいしかできません。

もともと反応しづらいうえに、反応してもダメージを与えにくいので、なかなか効果が出ないわけなのです。

 

鼻下の毛のような産毛や色素の薄い毛には医療レーザー

鼻の下の毛のように、産毛や色素の薄い毛には医療レーザーがおすすめです。

ただ、どの医療レーザーでもいいというわけではないので、脱毛器の種類を見極める必要があります。

医療レーザーの種類と特徴

医療レーザーには、大きくわけて3種類の脱毛器があります。

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー
  • ヤグレーザー

この3種類は、得意とする毛の種類が異なるなど特徴があるので、それをまとめてみました。

脱毛器の種類 特徴
アレキサンドライト
  • 濃くて太い毛が得意
  • 産毛には効果がほぼない
  • 地黒肌、日焼け肌は施術できない
ダイオード
  • ほとんどのムダ毛に一定の効果がある
  • 産毛にも効果がある
  • 地黒肌、日焼け肌でも施術できる
ヤグ
  • 産毛やどうしても抜けない男性のヒゲが得意
  • 地黒肌、日焼け肌でも施術できる
  • 耐えがたい痛みがある

 

結論から言いますと、鼻下脱毛におすすめの脱毛器はダイオードレーザーになります。

ダイオードレーザーは、太くて濃い毛に関してはアレキサンドライトレーザーに劣るのですが、それも最新機器ではその差がわかりにくいくらいに進化しています。

鼻下に、産毛もあるし色素の薄い毛もある、でも端の方とかは割と濃いのかも…という人はダイオードレーザーを選んでおけば間違いありません。

また、日焼け肌でも脱毛できますが、日焼けしたての肌はどのレーザーでも施術できません。

ちなみに、ヤグレーザーは産毛が得意ではありますが、耐えがたい痛みがあるうえ、効果が他の2種類のレーザーと比べてかなり出にくいので、まずヤグレーザーを選ぶ必要はありません。

ダイオードレーザーが使えるクリニックは?

関東エリアでダイオードレーザーが使えるクリニックを探すなら、アリシアクリニックか湘南美容外科クリニックがおすすめです。

アリシアクリニックが導入している脱毛器はダイオードレーザーの最新機種「ライトシェアデュエット」という脱毛器です。

また、湘南美容外科クリニックはアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーの2種類を導入しており、ダイオードレーザーの最新機種「メディオスター」という脱毛器です。

メディオスターは痛みが少ない機種として最近注目されているので、医療レーザーがいいけど痛みが怖い、という人にはおすすめです。

関東エリア外であれば、湘南美容外科クリニックが都心以外にも支店があるのでおすすめです。

>>アリシアクリニックの詳細ページへ

>>湘南美容外科クリニックの詳細ページへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-未分類

Copyright© わたしの脱毛研究ブログ , 2016 AllRights Reserved.